高齢者向け宅配食フランチャイズ店の紹介

人口に対する高齢者の割合が年々増え、高齢化社会と言われています。

国の試算によると、65歳以上の高齢者の人数が2020年には約3500万人になるといわれています。

一人暮らしをしている高齢者も増えていると思います。

そんな世の中なので、あるフランチャイズ比較サイトによると、高齢者に向けた宅配食のサービスを行うフランチャイズ店の需要が伸びており、今後安定した収入が期待できるということです。

宅配食の調理は全て自社工場で行ない冷凍された御膳の状態のものをお客様にお届けします。

開業するにあたり、厨房を設置する必要はなく、冷凍保存するためのフリーザーがおけるスペースがあればよいので、自宅で開業することも可能です。

他のフランチャイズと比較して店舗を建てる必要が無いため、開業資金があまりなくても開業することが出来ます。

未経験でも開業が出来るように研修制度が設けられています。

研修では、広告宣伝、営業活動という経営に関する内容のものや、介護保険の制度について学びます。