フランチャイズの代表各コンビニエンスストアの紹介

フランチャイズ店の代表選手と言えば、コンビニエンスストアだと思います。

私の家の周りにも年々様々な種類のコンビニエンスストアが増えて来ているので、競争は激しいと思いますが、需要があるのでそれだけ増えているのだと思います。

最近のコンビニエンスストアは一昔前と比較して、商品のクオリティが上がっています。

コーヒー一つとっても、店内で挽き立てのコーヒー豆を使った美味しいコーヒーを売っていたり、店内で揚げられた美味しいフライトチキンが売られています。

簡単に食べられるパンやお惣菜など品質のよいこだわりの自社ブランドの商品も多く扱っていて、最近は若い人から高齢者まで多くの人がコンビニエンスストアで買い物をするようになったと思います。

コンビニエンスストアというと24時間365日営業が基本なので、オーナーは休みが取れないのではないかと思いますが、業界2位のコンビニエンスストアではオーナーでも週2回の定休日を取ることが出来ます。

店舗を構えないタイプの他のフランチャイズ店と比較すると開業するにあたって時間とお金はかかりますが、その分遣り甲斐があるのではないかと思います。